稽古をしました。有性生殖は、減数解離と接合を伴います。それは、何をもたらすのでしょうか。とある生物の染色カラダが2アレンジ4公式で成り立っている(2n=4)と行う。そして、こういう生物の2個体が、ひとりひとり減数解離で配偶お子さん(n=2)をつくり、それらの接合で新個体(2n=4)が生じると行う。こういうときの個々の染色身動きがわかるように色分けすると、減数解離と受精によって単に染色カラダ頭数が半減し、増加するだけでなく多様な組み合わせの染色カラダをもつ新個体が生まれることが理解できるでしょう。つまり有性生殖とは、多様な新個体を差し出す生殖なのです。無性生殖の多くはカラダ細胞解離を基本としているので、各個体が単独でできます。また、親個体の持つ形は改革せずに新個体に受け継がれます。一方、有性生殖は1個体では不可能な場合が多いです。このようなことを覚えましたが、知らないことが多かったので知れて良かったなと思いました。アイフル 5万